2015年12月31日木曜日

頌春



今年もよろしくお願い致します。4月にバロックリコーダーエクスペリエンスの5回目を。存外リコーダーでのバロックコンサートが少なくなったと聞く今日に、ソウル在住のジ・ヨンさんを招いて王道を行きます。楽曲の研究を駆使してバロックの響きの深層に迫ります。是非お出かけ下さい。




2015年12月22日火曜日

CD完成



デザインは東京で活躍する若手デザイナーの「おおひがし まなえ」 さんによる素敵な作品になりました。


 THE DOMESTIC JAZZ BAND 2002年のライヴCDが完成しました。13年前です!

(私の自作のピアノ演奏が2曲も含まているという辺りが恐縮です~(^_^;))



この春、台湾は台南のフェスティバルで発売予定です。
ご興味お持ち頂ければご一報下さいませ。

2015年12月11日金曜日

手に入りました

♫  


最大手のリコーダー誌「WINDKANAL」の「そのもの」がようやく手に入りました。


こちらのロビー外交もあって、次号には出版譜面を紹介掲載してくれるとのことです。
逆にあちらの取材力もワールドワイドだと思いますが。







ドイツ語は読めませんのや~゚(゚´Д`゚)゚

2015年11月30日月曜日

NRC 長堀リコーダー倶楽部




基本的にオールサイズを演奏可能、初見可能な方を、若干名(2~3名)の方を募集しています。



2015年10月28日水曜日

ゲスト出演


先日、神戸市北区のアドベンチスト教会で開催された、とある合唱団の演奏会に、ゲストでお呼び戴きました。


ガナッシュリコーダーアンサンブルには様々な形態に対応出来るようにメンバーが上手くチームを組む事が可能です。今回はカルテット男女比率5対5の「チーム3」で演奏しました。

因みに、フルメンバーが「チーム1」、チーム比率1対3が「チーム2」、私が入らないと「チーム4」となります。


https://www.youtube.com/watch?v=iS4SQoT9FuI



2015年10月8日木曜日

先般の公演




先般演奏した韓国ソウル特別市:アウロスホールでのコンサート直後の様子です。


秋山  秋山麻子  ジ・ヨン・ファン

2015年10月6日火曜日

専門誌に掲載



独:モーエンハウエル社が発行する専門誌に掲載されました。


比肩ない組み合わせのジャズ・デュオアルバム

ドイツ在住の友人との古楽室内楽アルバム:ダルムシュタットでの録音

2015年10月4日日曜日

広報のセンスの良さ



先日出演したソウルのコンサート。日本ならフライヤーを数千部刷って配布しますよね。
それが無かったのに満席な訳がわかりました。

全面協力のコレア・バロックさんが定期的に広報誌を作成し、配布しており、そこにコンサートの案内が掲載されていたという経緯。なるほど、コストも削減出来て、好きな人には好都合で、満席な訳です。


 
 
 

2015年7月28日火曜日

大阪クラシック2015





この秋に「大阪クラシック」なる催し(9月7日18時開演:大阪証券取引所ビル」に、
大阪フィルの弦楽器メンバーと出演させて頂き、リコーダー協奏曲を演奏させて頂きます。




コンサートは半時間ですが、無料です。





2015年7月18日土曜日

関西古典音楽研究会Ⅰ リコーダー製作家の実態について



バロック時代の「木管楽器製作家(特にリコーダー)」について、プロの門下生を集め、その詳細を知る勉強会を開催しました。以前にお会いした折からお願いしていた会が実現した事になります。

講師はアムステルダム在住の斉藤さん。
製作家としては勿論ですが、研究家としても貴重な存在の方です。

貴重な資料を頂き、まとめられた製作家の実態のペーパーと共に、作曲家との関連付けなどの
講義を頂きました。



台風真っ只中の大阪で、忘れられない一日に


バロックとしてのリコーダーを学び、スキルを上げるには、遺憾にも関西では未だに十分ではありませんし、未来的にも絶望的です。

ましてや、作曲家こそ楽書やウェブで勉強出来ますが、では、当時の製作家については非常に手薄です。それがチェンバロ奏者なら知識も豊富で情報もありますが、リコーダーでは名前こそ知っていようが、その特徴や師弟関係については残念ながら。

ロンドンの名工、ブレッサンはばりばりのフランス人で、ステンインズビー・シニアが弟子となり~
辺りはさすがに知っていますが、ステインズビー・ジュニアに至り、もとの内径の変化や音の施行の変化や傾向の違い等は興味深い点です。

勿論、欧州各国の系譜についてもお教え頂きました。
存外、ドイツが地味だったのに反し、イタリアが非常に盛んであったことは意外でした。
次回は特殊管の存在と利用について、を年末に。
プロの知識スキルを上げ、愛好家へと拡散していくのも、リコーダー界の底上げの側面には
なるのではないでしょうか。






2015年7月16日木曜日

ガナッシュリコーダーアンサンブル岡山公演




文化庁 平成27年「劇場・音楽堂等活性化事業」で
岡山大学と岡山シンフォニーホールが主催されるレインボー・コンサートにお招き頂きます。

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id1515.html


お弟子の奏者とリコーダー重奏の美しさをお伝え出来る素敵な機会です。








2015年6月21日日曜日

アンサンブル発表会








毎年個々のスキルが上がり、それは素敵な音楽を奏でていらっしゃいました。


2015年6月20日土曜日

アンサンブル発表会を





年に一度のリコーダーアンサンブル発表会を開催します。

既に20年強。大何回などは忘却の彼方ですが、それぞれに長年取り組んでおられる個性のある美しいハーモニーを奏でる愛好家の皆さんの集団演奏がお楽しみ頂けます。


2015年4月14日火曜日

ジャズ・ライヴ




年に一度のジャズライヴをさせて頂きます。
同一メンバーで1993年に始めて実に22年目になります。

多くのご協力や楽器のご提供なども戴き嬉しい限りです。





http://www.a-rg.jp/event.php

2015年3月27日金曜日

出版(台湾より)




友人と私の譜面作成プロジェクトがスカウトされ、この度、完成、出版にこぎつけました。
今後は台中にある、ミュージック・ガーデンさんのカタログに掲載され、特に欧州と中国に
拡販されていきます。

日本では来月、大阪のアンリュウリコーダーギャラリーにてお取扱い戴く予定。
また、近日、ガナッシュリコーダーアンサンブルにて初演予定です。